腰に負担がかからないようなライフスタイルを目指しましょう。

日常で気をつけるべきこととは?

腰痛

予防の意識を高める

予防や対策アイテムに関する情報をまとめていきます。今まで気にせずに行なっていたことが、実は腰に負担がかかる行為だったということがわかっています。正しい知識をもって、腰痛改善に役立てていきましょう。

READ MORE

原因が不明な場合もある

腰痛の原因は千差万別です。患者一人一人の職業や生活習慣によっても左右されてきます。原因が分類される場合は対策も立てやすいです。そのため、改善方法としては痛みの元となる原因を取り除くようにして、腰をケアしていけばよいのです。しかし、痛みの原因がわからないケースも非常に多いです。また、腰の痛みが別の病気のサインとなるケースもあります。痛みがある場合は、できるだけ放置しないで病院を受診することが大切なことになります。

なぜ痛みが出るのか

婦人

動き

腰をひねったり負担がかかりやすい動作を多く行っていることで、腰が痛くなってしまいます。また、動かさなくても同じ姿勢のまま座り続けていることも、腰痛の一因となります。肉体労働やデスクワークなど、職業的な条件によるところも大きいといえます。

個人的背景

肥満や老化、ストレスなど個人の置かれている状況によって腰痛を引き起こすことが多いです。筋力が落ちていることで腰が痛くなりやすいためできるだけ筋力トレーニングを行なうようにしていきましょう。また、ストレスにならないような生活を送ることも改善方法としては重要です。ズキンと走る激痛を緩和させましょう。

環境

寒い場所にいると身体が冷えて腰痛の要因となってくるはずです。夏場に暑いからといって、クーラーにあたりすぎするのは禁物です。また、冷え以外にも、身体に負担がかかってくる環境に身を置くことはできるだけ避けるべきです。

疾患

椎間板ヘルニアや変性すべり症など腰に関するさまざまな疾患があります。また、がんなど別の病気が原因で腰が痛くなることも珍しくありません。気になる症状があれば、早い段階でクリニックを受診することが重要になってくるでしょう。